2006年5月インド旅行記2

2.路地裏へ
何故、私がホテルへ行きたいのに、駅へ行くように言ったのかというと、
それは、ホテルと言うと、絶対に別のホテルへ連れて行かれると勘ぐった
からである。それで、ニューデリー駅というと、それは一つすんなりと
事は進むはずであった(あくまでも予定上)。
しかし、運転手はしきりに次の目的地を聞いてくる、
私はジョードプルと適当に言った。まぁ明後日には行く予定だが。。
「だったらチケットを見せろ」とか言ってくる。
しまいには、車の概観をチェックするためにか路肩に車を止め
ヤバイ雰囲気と思いながらも、駅へ再出発するよう説得する。
その後は、手荒な運転が続き、ようやく停車、
やっと到着かと思ったが、そこは到底駅とは言えない薄汚い
路地裏だった。運転手は降りるよういい、私は男三人に取り囲まれた、
「次に乗る列車の番号を言へ」とか、チケットを買うように、
さらには、「地図を出せ」と言ってくる。私は少々パニック状態になり、
相手の言っていることは分からないふりをすることにした。
無視していても埒が明かない、そして反撃に出た。
私:「ここは駅なの?」
旅行代理店:「ここはニューデリーだ」
私:「ニューデリーでなくてニューデリー駅だけど」
旅行代理店:「Here is New Delhi !」
私:「Where is train?」
旅行代理店:「No, Here is New Delhi」
もう呆れた。ここでタクシー運転手に横目で哀願、
「Please, Please」
運転手はうなずき、車に乗るように言った。
広告

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中