2006年5月インド旅行記7

7.切符をもらいに
無事リコンファームもでき、次は列車のチケットを受け取りに行く番である。
駅までの道のりは遠く、壁に小便をしている人がいたりと、
衛生状態はかなり悪く思えた。しかし、そんなことを気にしていたりする国
では無いことは、徐々に気付き始めていた。
列車のチケットは出発前にインド国鉄のホームページで予約をした。
インド人であれば、チケットを郵送してくれるようだが、日本への発送は
していないようなので、とりあえず、発送先をインド国鉄の
チケットオフィスとしておいた。メールでの返事はどこでも発行できる
というものだったので安心していたが、ニューデリー駅国際予約センターでは、
列に並んで、割り込みもされつつ、ようやく窓口にたどり着くも、
ここではないと、たらい回し、簡単な地図を書いてもらい、
その地図の先を探す。途中やたらと、話しかけられるが無視し、
ガードマンに地図を見せると、こじんまりとしたオフィスを紹介された。
ここかなぁと思い入ってみると、初めての丁寧な対応、
普通のオフィスに通され、そこはIBM製PCがずらりと並ぶ最新オフィスだった。
インドにもこんな一面があるのかとさすがのIT先進国さに驚いた。
チャイや水を出され、くつろぎ座っていると、そのオフィスを出て
付いてくるよう職員に言われ、チケットセンターでチケットをもらうことが
できた。チケットの郵送住所欄には、英語で「私はそこに取りに行く。」と
書いてあったので、駅員は苦笑いしていた。
広告

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中