2005年5月アメリカ東海岸旅行記3

3.キング牧師を追って
本日は、首都ワシントンへ日帰り旅行。
早朝のニューヨークを歩く。天候は曇り、小雨もぱらつく。
今日は休日のようで、道路一杯を自転車大会の一行が
走っていった。街角では、道路の真ん中から煙突が立ち
そこから蒸気が上がっている風景をよく見た。ニューヨークは不思議だ。
後に調べてみるとどうやらボイラーの煙突らしい。
そうするうちにペンステーションへ到着。
ワシントン行きの列車に乗り込む。
車窓からは、荒野が続いたかと思うと急に高層ビルが建つ
町が現れた。これまで見たことのない景色を見る。
幾分緊張もほぐれ居眠りもした。3時間程でユニオン駅に到着。
ワシントンはよく整備された計画都市。
道に迷うこともないであろう。国会議事堂、ホワイトハウスを経由して、
リンカーン記念館を目指す。何故ここを訪れたか、
それは、キング牧師の演説に感動したからである。
彼はリンカーンの像を背に、多くの支持者に向かって演説した。
世に言う、ワシントン大行進の一幕である。
私は、その歴史の1ページをこの目で見たかった。
白黒でしかなかった記憶が、現実の記憶として刻まれた。
その後は、スミソニアン博物館で科学技術に関する展示を見た。
エジソンやベルの発明品を見て今後の参考にした(何の?)。
あっという間に時間が過ぎ、道にも少々迷い、進入禁止の場所へ
入りそうになり、ガードマンに止められたが、駅の場所を丁寧に教えてくれた。
そうしてメトロライナーに乗り込み、ニューヨークへは午後7時頃到着。
あたりは真っ暗、消防車のけたたましいサイレンをよく聞いた。
しょっちゅうこんな感じだが、巨大なニューヨークにとっては
些細なことなのだろうと思った。
道路真ん中に立つ煙突
広告

2005年5月アメリカ東海岸旅行記3」への1件のフィードバック

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中