まもなく架け替えられるレトロ鉄橋(余部鉄橋)

ここは兵庫県の余部、鳥取県との県境に程近い日本海に面した町です。
ここに一本のレトロな鉄橋があります。名前を余部鉄橋といい、正式には餘部橋梁なのだそうです。
 
余部鉄橋全景
 
この鉄橋は明治時代に作られたもので、当時はアメリカより鉄骨と技術を輸入し建設されました。
その頃は、橋桁といえば、レンガ製が多かったものと思われますが、高い橋には向かない。
そこで鉄のトラスで組んだ橋が選ばれたものと思います。
できた当初は東洋一の規模を誇ったそうです。
近年、橋の老朽化が叫ばれ、今春より架け替え工事が始まるとの事です。
次の橋は、コンクリート製となり、このようなレトロな趣ののあるものとはならず惜しむ声も多いようです。
 
そこでは、一人の女性カメラマンと話す機会がありました。
彼女は、このポイントによく来るそうで、今回も近くの民宿で泊まって写真を撮っているそうです。
私も新米カメラマンとして、このようにこだわりの人に出会えたことはとてもよい刺激となりました。
別れ際、撮影ポイントを変える時、「いってらっしゃい」と言ってくれたことが印象的です。
 
鉄橋の上を走る列車
 
鉄橋下を走る国道より撮影
 
舞鶴海上自衛隊護衛艦(途中宿泊地舞鶴で遠撮しました)
広告

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中