ツェッペリン飛行船の震災ボランティア

国内最大の飛行船ツェッペリンNT号が、能登半島地震後の状況を調査するために
北陸を初めて訪れています。写真は今朝停泊中の様子です。
 
朝日を浴びるツェッペリン 
 
移動式のマストで係留 
 
展望台より 
 
能登の空へ 
カメラを構えていると近くを散歩する、おじさんとおばさんに声をかけられました。
「これ何できてるの?」と、一日で現れた巨大な物体にとても驚いた様子。
能登ほのぼのとしていて、とてもよい所です。
広告

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中