エンジン水温センサーを交換しに

今回の無償交換、リコールには該当しないという事だ。
しかも、206での発生事例は把握していない(307で本県4つ程)ということで、
このことからも交換の命令はプジョー本部からであると察した。
尚、本件によって引き起こされるトラブルは、
アイドリング状態が非常に不安定になるか、走り出して水温計が振り切れるというものだそうだ。
個人的には、トラブルが起きる前の無償交換ということで概ね好印象。
営業マンとは、調子が悪いと泣いてくれるから国産車に比べ愛着が湧くという感じの
ことを話したが、もちろん泣かずに順調なことに越したことはない。
それと、先日207の実車を路上で見かけたことについて話すと、
誰の持ち物かズバリと分かるそうだ。というのも今売れているのは、
2月とかに予約した人で、かなり凝ったお客さん。色も目立つ黄緑等が多いとのこと。
只今、この県には4台ほどが走っているそうだ。
それと、今注文しても9月とかの納車になるというようなことを言っていた。
一月以内で欲しい車を手に入れた俺は幸せなのだろうか。
また、店内に飾ってある車は、売り物だそうで、比較的多く入ってきているシルバー色ばかりが
展示されていて、展示スペースとしてはつまらないが、その分試乗車にカラフルなのをあてていた。
広告

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中