南東北高原ドライブ1

1.裏磐梯へ
GW突入!この地に越してきて北の県境を越えたことが無かった。
そうだ、この連休、北へ行こう!
そうして、とりあえず日光を経由し、山を越え福島県へ、
途中の杉並木に圧巻!
P0000348 P0000350
スピード感あふれる杉並木               ドライブインでボリュームたっぷりカツカレー(750)
磐梯山の横を走り、とりあえずダリ美術館へ。
ここに来るのは2回目だ。ダリ好きなんだなぁ。
再度訪れた。思い悩む人の作品。そしてラテン。
この接点があるようで無い感覚、そして生み出された作品。
ダリの作品は理解しがたいものもあるが、全く理解できない訳でも無い。
また、作品もいいが、あの風貌も素晴らしいではないか。
なんでこんなんになっちゃったんだろうかと思う。
IMGP2812 P0000351
土産の写真              唯一撮影を許された作品
でもいいんだ。ラテンだからね。自分を貫き通したんだ。
その点、スペインのシュールレアリストはすごいよ。
俺はダリの写真を買い求め、建物や付近の風景が素晴らしかったので
カメラに収め、次の目的地へと向かった。
IMGP2700_1_2.hdr
IMGP2691_2_3.hdr IMGP2703_4_5.hdr
諸橋近代美術館
次は山形へ向かうつもり。途中、五色沼という看板をみつけ、
ガイドブックで見た記憶があったのでさっと立ち寄った。
湖の色きれいだった。写真でもうまく色がでているといいが。
(いい色が出ていてよかった。 @自宅にて)
IMGP2706_7_8.hdr
IMGP2709_10_11.hdr
五色沼(毘沙門沼)
広告

南東北高原ドライブ1」への3件のフィードバック

  1. ♪はぁ~ あいづばんだいさんはぁ たっからぁ~の こりゃ や~ま~よぉ~・・・・・いかん。またしても、歌ってしまった。(^^; 失礼。おっ、ダリは、好きっスよ~♪題名は忘れましたが、「時計」がバターのように溶けて、木の枝にぶら下がっている絵が、私が初めて見た、ダリの作品でした。ホントにホント、「シュール」っス。(笑)ああ、五色沼にも行かれたのですね。(^^)実は、両親ともに、福島の出身です。もっとも、二人は「浜通り」のほうなんですが。ということで、本来、私は「北国」の血を受け継いでいるのですが、な~ぜか、突然、「ラテン系」になってしまうことがありま~す♪ホント、訳のわからん男っスよね。(^^;ゞ

  2. あら、ダリ好き集合?
    私もダリ好きなんですけど~。ダリ美術館羨ましいんですけど~。いいな~。
    五色沼綺麗だ!!ほんとにも~羨ましいな~。

  3. おや!ダリ好きが大集合!
     
    ミンタカさんへそれは記憶の固執かなー?融けた時計はよく登場するよね。今回は記憶の固執の崩壊っていう続編も見られたんだ。また、この日記をおかずに歌ってくだされー。
     
    洋子しゃんへ今回はピカソの展示もしていたみたいだよ。だから少しダリの展示が減ってたみたい。羨ましがってくれてどうもー!

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中