雷都対策と記憶列車

何となく、それとなく、タイトルをつけてしまった。
ここは、群馬県板倉にある雷電神社の総本山らしき社。
この土地に越してきて雷電神社たるものが、案外とそこたら中にあることを知った。
最近までは不思議に感じなかったが、急にその理由が分かってきたので早速取材敢行!
この地方、日本でも1番雷が多い土地だそうで、昔の人は雷、すなわち神鳴りとして恐れたようだ。
そこで、こんな神社を建てたみたい。
俺のPCも落雷の停電でブチッと作業内容が消えてしまったことがあった。
そんな事が今後無い様お参り、そしてお札を買った。
そのお札は最近導入した無停電電源装置(UPS)に貼っておいたぞ!よろしくお頼み申す!
 
雷電神社(色彩のワンポイントが面白い、徳川家三つ葉葵も見える)
IMGP3041_2_3.hdr
 
雷電神社裏手(描かれた絵も素晴らしい)
IMGP3047_8_9.hdr
 
IMGP3050_1_2.hdr IMGP3065 左:愛車も参拝・右:お札付UPS
 
その後はブラリ埼玉までドライブ。そこの岩槻公園には俺の記憶の片隅にある列車が保存展示されていた。
この列車。俺が小学生の時に買ってもらった本に載っていた。記憶深いんだなぁ。
その頃既に、こんな無骨なデザインが好きだった。ライトなんて遊びとしか思えない付き方だ!
実物はもう走っていない。俺の記憶の旅はここで一段落さ。
IMGP3059_60_61.hdr IMGP3064e
アパートに近づくと、河川敷をグライダーが気持ち良さそうに飛んでいた。俺も自由に飛べたらなぁ。
広告

雷都対策と記憶列車」への4件のフィードバック

  1. へ~雷多いんだ!こわいな~。
    雷電神社、初めて聞きました。
    装飾がなんてカラフルなんだろう!!
    この列車はまたなんともレトロな風情のデザインだね。
    なるほど、ライトの付き方が遊んでる感じする。
    グライダーの写真、キレイだー。

  2. うっわ~、こりゃまた、すっごく派手な神社だなぁ!まぁ、日光の東照宮も、スゴイっスけどね。(^^)おっ。「きぬ」だ! 「けごん」とともに、かつて、東武鉄道の特急列車として使われていた車両ですね。うんうん。このごっつい「面構え」。私も好きでした。(^^)vああ、グライダー‥‥‥アルバトロスが思い浮かびました。(しみじみ)

  3. 洋子しゃんへ
    そうなんだー。でもね実家も雷おおかったんだよー。
    雪起こしって言って、冬によく鳴るんだ。
    こちらは、今の季節によく鳴るみたい。
     
    ミンタカさんへ
    雷様の神社だけあって派手派手だったよー。
    隠れた名所かもしれないねー。
     
    OrangEさんへ
    Hi, Are you GENKI ?
    Yes, My blog\’s color is changed.
    Character color is OrangE !!!

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中