ジオラマタウンに熱気球がやってきた

熱気球ジオラマタウン

.
電車と風車、もう一つ何か動くものが欲しかった。そこで考えたのは熱気球。
手始めにペーパークラフトの気球を作り町の上に浮かべてみた。
ここで手応えを感じ、市販のミニチュア気球を買い求め早速取り付けた。
この気球は、太陽電池で回る風車の羽根にピアノ線をくくりつけクランク機構で上下に動く。
羽根にくくりつけるには100均で見つけたキーホルダーの部品を使用⇘
これがないと、ピアノ線はどんどんねじれていき最後は絡まってしまう。
さらに、意外とこの熱気球は重く、本体をバネで吊り、風車の軽い力でも上昇できるように工夫した。
見た目は単純かもしれないけど、俺なりに頭を使ったつもりだ(笑)

IMGP7090 IMGP7089 IMGP7086

この熱気球を運んできてくれたのはペンキ屋さん⇓
あなた方とそのキャリーカー、そして熱気球で今月の市の予算は使いきってしまったよ(笑)
IMGP7088

広告

ジオラマタウンに熱気球がやってきた」への10件のフィードバック

  1. 上にも配置すると、空間がぐっと広がりますね。
    気球いい感じです。
    見た感じではどうなってるのかわからないけど
    かなり工夫してあるんですね(笑)

    • そうでしょ!上の空間が余ってて悩んだたのよ(笑)
      分からないカラクリがミソかも!
      自分なりの工夫だから世間一般では大したことないのよー(笑)

  2. わあ! すごい!
    これはジオラマタウンの住民たちも大喜びでは!?
    高さの域が広がって、ますます立体的な町になりましたね。
    そぉか~、やっぱりこういうのをそろえるのって、
    お金がかかるのかな...がんばれ、キースさん!!

    • タウンの住民も喜んでくれたかな???
      住民は気球に乗るのタダなんだよ(笑)
      財政赤字だけは避けたいので、
      少しずつそろえていこうと思ってるよ!
      そうすれば長く楽しめるしね!

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中